実例が増えつつあるIoTの進化の向かう先と難しさ

実例が増えつつあるIoTの進化の向かう先と難しさ
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コマツの建機、GEのジェットエンジンなどの先行事例だけでなく、さまざまな企業でのIoT事例が聞こえてくるIoT。さらなる適用範囲の拡大を可能とする通信会社のインフラサービスも提供されるようになってくる中、IoTの進化の向かう先と一方でIoT普及の難しさを指摘するオンラインメディアの記事をピックアップしてご紹介します。既存の仕組みを一度壊さないといけない企業向けのIT関連では難しい面もありますが、モノにセンサを取り付けて新たなデータを収集することによりサービスに反映させるIoTは一種の「カイゼン」の延長線上のアプローチでもあり、日本人・日本企業向きの新技術分野であることなど、進化しつつあるIoTのいまをご覧ください。

実例が増えつつあるIoTの進化の向かう先と難しさ

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]