グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第25回 マイクロサービス・システムにおけるgRPCの役割(後編)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第25回 マイクロサービス・システムにおけるgRPCの役割(後編) 」を公開しました。

はじめに

 前回に続いて、2017年に開催されたSREcon17 Asia/Australiaでの講演「SRE Your gRPC--Building Reliable Distributed Systems」をもとに、マイクロサービス型のアプリケーションにおけるgRPCの役割を解説します。
 この講演では、マイクロサービス・アーキテクチャーのアプリケーションを安定運用するためのガイドとして、次の6つの項目が上げられています。今回は、後半の3つについて説明します。

1.Everything is (secretly) a stack.
2.Sharing is caring.
3.Fail early.
4.Degrade gracefully, don't guess.
5.Measure all the things!
6.Best effort isn't.
 

問題発生時の動作設計
 後半の1つ目にある「Degrade gracefully, don't guess.」は、問題発生時の動作に対する考え方です。前回と同様に、「Greeter」アプリケーションが「Translator FE」(翻訳サービス・フロントエンド)を呼び出して、それがさらに「Translation DB」を呼び出すという階層構造を考えます(図1)。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai225.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]