企業はユーザーが自身のデータを守るための選択肢を提供する【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYA社が発表した『カスタマーアイデンティティをめぐる、2017年に向けての5つの予測』の内容を5回に分けてご紹介しておりますが、今回は5つめの予測について
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

NTTコム オンライン GIGYA担当です。いつもお世話になっております。

GIGYA社が発表した『カスタマーアイデンティティをめぐる、2017年に向けての5つの予測』の内容を5回に分けてご紹介しておりますが、今回は5つめの予測についてご紹介します。

企業はユーザーが自身のデータを守るための選択肢を提供する

顧客のアカウントセキュリティをメールアドレスとパスワードに依拠していますか?
顧客データを守るために、ソーシャルログイン、多要素認証やリスクベース認証といったオプションを用意していますか?
顧客に、自身のデータを守るために必要な選択肢を提供していますか?

 

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]