企業のAIへの期待値は高め!2017年春「AIに関しての意識調査」結果発表

~すすむ社内AI対応人員確保、プロジェクト予算確保~
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

AI・コグニティブソリューションの株式会社アイアクトは、2017年1月~3月において「AIに関しての意識調査」を実施いたしました。

【調査結果トピックス】

●企業の「AI導入検討」は約4割。
2017年3月時点での割合、2017年中にもAIに関する情報や導入事例が増えてくるにつれ、更に期待が高まり、AI導入を検討する企業も増加するでしょう。

●社内のAIに関する人員、予算の確保は全体の約30%
国内ではまだまだ事例の少ない中で、2017年はAIへの関心が一段と高まり、企業では予算化や人員確保という動きにも発展、活発化していることがわかりました。

●AIを活用したい業務、1位:マーケティング、2位:営業、3位:製造・販売、5位:人事と、様々な業務での必須システムとなってくる可能性がうかがえます。

調査結果の詳細レポートはこちら

【調査概要】

調査名:「AI」に関しての意識調査
調査対象:アイアクト主催セミナー参加・アンケート回収者(n=138)
調査日:2017年1月20日、2月28日、3月21日

設問項目<16問>
・AIについてどのようなものか知っていますか?
・AIの回答と人間の回答どちらが信用できますか?
・AIが業務に普及するまであと何年かかると思いますか?
・AIが家庭に普及するまであと何年かかると思いますか?
・家族や友人とAIについての話題が出ますか?
・自分の仕事がAIで楽になると思いますか?
・自分の仕事がAIに取って代わると思いますか?
・いつごろ自社にAIを導入したいと考えていますか?
・現在、自社にAIに関する人員がいますか?
・AIに関する予算を見込んでいますか?
・予算を見込んでいる場合その額はいくら程度を想定していますか?
・(AIを)どのような業務に適用したいと考えていますか?
・AIで実現しようとしているのは?
・どのような方法でAIについて情報を得ていますか?
・AIで想起する製品やキーワードはなんですか?
・AIについて期待することがありましたらご自由にご記入ください。

--------------------------------
【調査結果について】

取締役 人工知能・コグニティブソリューション担当 西原中也

セミナーでは、企業規模、事業内容を問わず「AI」を次に取り組む「システム」と捉え、取り組んでいる企業様が2-3割はいらっしゃいました。同じように、アンケート結果では、6割を超える方が業務での普及は2年以内、数年内に自社導入するのが4割程度となっています。
メディアでAIはバズワード化し、シンギュラリティなどの未来論、超大企業の事例、あるいは、実態が不明瞭な「やってみた」「やっていきます」というリリースなど、多くの人にとって自分ゴト化できないようなものが多いなか、きちんと状況を見極められながら、向こう1-2年内プロジェクトとして企業内では取組がスタートしているようです。
2017年はAIの実績・事例が多くでる年と言われたりしますが、WatsonやAIの導入支援、サービス提供を行っている私たち現場の感覚からも、また、このアンケート結果からもその通りの年になってくると考えます。

調査結果の詳細はこちら

--------------------------------
【本件に関するお問合せ先】
株式会社アイアクト 広報担当:星
電話:03-6821-4811 メールアドレス:pr【@】iact.co.jp 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]