アイアクト、JIS規格改正に準拠してサイト管理を支援するASP「Web Status」を開発

アクセシビリティ配慮やリンク切れなどを自動診断して結果のレポートを作成
よろしければこちらもご覧ください

Webインテグレーション事業のアイアクトは、ウェブアクセシビリティに関するJIS規格改正に合わせ、同規格改正への準拠とサイト品質の管理を支援するASP型のシステム「Web Status(ウェブ・ステータス)」を開発した、と8月20日発表した。指定したサイトの全ページを定期的に巡回し、アクセシビリティ配慮や、html・css文法のチェック、リンク切れの自動診断を実施。結果のレポートを作成して検出したエラーをメールで報告する。

同規格は規格番号JIS X8341-3で、正式名称は「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」。最近の使用実態を踏まえ、8月20日に改正。アクセシビリティ基準が細分化されると同時に、自ら準拠目標を定めてサイトで公開するよう求められた。アイアクトは全国の地方自治体を対象に、Web Statusを2011年3月まで無償提供する。

アイアクト
http://www.iact.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]