エイケア・システムズ、メール配信システム「MailPublisher」をバージョンアップ

メール本文内のURLに対して購入などのコンバージョン結果が取得できる機能を追加
よろしければこちらもご覧ください

メール配信システムのエイケア・システムズは、同社のメール配信システム「MailPublisher」シリーズを8月25日にバージョンアップする、と8月19日発表した。MailPublisherのすべてのASP製品で、メール本文内のURLに対して購入などのコンバージョン結果が取得できる機能を加え、メール配信の効果測定の精度を高めて本格的なメールマーケティングを容易にする。

配信するメール内のURLでコンバージョン取得の有無が設定でき、いつ、誰が、どのURLから購入したかや、購入商品や金額情報の入手も可能。結果は、管理画面からCSVで取り出す仕組み。購買傾向に応じて顧客をセグメント化して異なる内容のメールを送信し、コンバージョン向上につなげられるという。このほか、各メールへの名前などの差し込み情報の事前確認機能なども新搭載する。

エイケア・システムズ
http://www.a-care.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]