グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第12回 グーグルのシステムにおける数学の活用?!

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第12回 グーグルのシステムにおける数学の活用?! 」を公開しました。

はじめに
 最近、機械学習やディープラーニングに注目が集まる中で、改めて数学を勉強し直したいというITエンジニアの声を耳にすることがあります。冷静に考えてみると、機械学習にかぎらず、あらゆる情報技術を支える根底にあるのが数学です。数学の知識を抜きにして、インフラ技術、あるいは、ソフトウエア技術を根本から理解することは困難です。これは、逆に言うと、数学の知識が増えれば、それだけさまざまな技術を理解して使いこなす喜びも増えるということかも知れません。

 「Mathematics at Google」というプレゼンテーションスライドでは、Googleのサーチエンジンの出発点となった「PageRank」のアルゴリズムをはじめとして、Gmail、Googleトレンド、音声検索、Google画像検索、YouTube、Google翻訳など、さまざまなGoogleのサービスにおける数学の役割が紹介されています。その中で、参考資料の1つにあるのが「The Learning Behind Gmail Priority Inbox(PDF)」という論文です。今回は、この論文を元にして、Googleのサービスにおける機械学習の活用例を紹介したいと思います。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai212.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]