「Google Workspace」「Google Cloud」に文章や画像を自動的に作る生成AIの機能を導入

「Gmail」「Google ドキュメント」では書きたいトピックを入力するとすぐドラフト作成

米国Googleは、グループウエア・ビジネスソフト群「Google Workspace」やクラウドサービス「Google Cloud」に、文章や画像を自動的に作る生成AI(人工知能)の機能を導入する、と3月14日(米国時間)発表した。Google Workspaceのメールソフト「Gmail」やワープロソフト「Google ドキュメント」では書きたいトピックを入力すると、すぐにドラフトが作成される。

生成AIはジェネレーティブAIとも呼ばれ、学習したデータを使用して新しい成果物を生み出す。Google Workspaceには既にサマリーの自動生成などAI機能があるが、次の段階として生成AIで文章を書く作業を一層簡単にする。例えば、新入社員を受け入れる管理職が歓迎メールを書くために必要な時間と労力を節約する。まずテストユーザーに生成AIの機能を提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ASP
「ASP」には、「Application Service Provider」(ア ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]