Googleがクラウドサービス「Google Cloud」の小売業者向けの新たなAIツールを公表

新AI搭載の棚卸しソリューションやECサイトで最適な商品の並び順を選択するAIなど

Googleは、クラウドサービス「Google Cloud」の小売業者向けの新たなAI(人工知能)ツールを1月17日公表した。小売業者が棚卸しのプロセスを変革し、ECサイトを強化して自然でスムーズなオンラインショッピング体験を顧客に提供するための最新AI技術だという。米国Googleが1月13日に発表した内容の日本語訳を日本のチームが1月17日に公開した。

新たなAIを搭載した棚卸しソリューションは、商品在庫を改善し、補充が必要な箇所の理解を支援する。商品の視覚的特徴とテキストの特徴でさまざまな種類の商品が識別できる。数十億の商品を認識するGoogleの機能を活用。異なる角度や視点から撮影した画像から商品を特定する。現在プレビュー版を提供していて、数カ月以内に一般提供を始める。

買い物客がカテゴリを選ぶとECサイトで最適な商品の並び順を選択するAIもある。AIが時間の経過に合わせて過去のデータからECサイトの各ページの理想的な商品の並び順を学習し、どの商品をどう表示するか最適化する。このほか、顧客が検索・閲覧で得る結果をカスタマイズするAI駆動型パーソナライゼーション機能なども含め、一般提供している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]