SalesforceがCRM向け対話型生成AIアシスタント「Einstein Copilot」の正式β版提供

企業が保有している信頼できるデータを活用、正確でカスタマイズされた回答を生成

CRM(顧客管理)ソリューション事業の米国Salesforceの日本法人、セールスフォース・ジャパンは、本社がCRM向けのカスタマイズ可能な対話型生成AI(人工知能)アシスタント「Einstein Copilot」の正式β版の提供開始を2月27日に発表した、と2月29日公表した。企業が保有している信頼できるデータを活用して回答を生成する。

CRMプラットフォーム「Salesforce」の顧客企業は、Einstein Copilotによって自社特有のデータに基づいた回答が生成できる。質問への回答、コンテンツの要約、新たなコンテンツの作成、複雑な会話の解釈、タスクの自動化が可能。対話型UI(ユーザーインターフェース)、大規模言語モデル、企業データの組み合わせで実現する。

Salesforceに組み込まれたデータプラットフォーム「Data Cloud」からデータを使ってグラウンディング(AIが言葉と実世界を関連付けて理解すること)し、高品質のアウトプットに必要な文脈を提供。企業データに基づく正確でカスタマイズされた回答を生成する。生産性向上、顧客との関係深化、利益率向上につなげられるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]