Webガイドライン策定に向けた5つの重要なポイント

全体最適の視点でどうガバナンスするかを考慮してWebガイドラインを策定すべき
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングの重要性

企業と顧客とのデジタル接点はWebサイト・ソーシャルメディア・Eメールなど増え続けています。その重要性はますます高まっており、よりアクティブに情報を発信するようになってきています。

Webガイドライン(ガバナンス)の必要性

一方、デジタルチャネルの増加に際し、適切なガイドラインを設けずに運営がされているケースは依然多く見受けられます。これは、ドメインの濫立・不揃いのデザイン・SNSへの不適切な投稿・インフラへの二重投資等にもつながるリスクがあります。

Webガイドライン策定の難しさ

Webガイドラインを策定する場合には、個別のルールを採用するかどうかに議論が終始してしまい、体系的な考え方が採用されていないケースは多く存在します。そこで、「Webガイドライン」を策定する際 に押さえるべき5つの重要ポイントをあげてみます。

ポイント 1Webガバナンスの方向性

自社の現状を踏まえ、「地方分権型」「中央集権型」のどちらのアプローチでWebガバナンスを行うのか決定する

ポイント2 Webガイドラインの適用範囲

「全体で守るべき最低限のルール」「個別に必要なルール」や「適用対象」を明らかにする

ポイント3 Webガイドラインの基本項目

自社のWebガイドラインに「必要な項目」や「規定する内容」を整理する

ポイント4 運用に関わる5W1Hの整理

「誰に?」「どれに?」「何を?」「どんなとき?」「何故?」「どのように?」を意識して策定する

ポイント5 導入前後のフォロー

作っただけで終わらないために、Webガイドライン導入前後のフォローを十分に行う

詳しくは、弊社無料ホワイトペーパー「Webガイドライン策定に向けて押さえるべき5つのポイント」をご覧ください。

https://www.underworks.co.jp/wp-guideline/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]