【第一回BtoBマーケティングコラム】BtoBでのマーケティング・オートメーション導入の5つの落とし穴

2014年は「マーケティングオートメーション(MA)元年」と言われ、マーケティング関連のセミナーや展示会、カンファレンス等ではその「マーケティングオートメーショ
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
【第一回BtoBマーケティングコラム】BtoBでのマーケティング・オートメーション導入の5つの落とし穴

2014年は「マーケティングオートメーション(MA)元年」と言われ、マーケティング関連のセミナーや展示会、カンファレンス等ではその「マーケティングオートメーション」というワードを耳にしない場所はないほど盛り上がっていました。しかし、その盛り上がりから1年経ち、ツール導入をした企業やツール導入を諦めた企業など、少しずつ、その影が見えてきました。ここでは、「マーケティング・オートメーション導入の5つの落とし穴」と題して、マーケティングオートメーション導入を検討する前に気をつけたい項目を整理しました。下記に該当する項目があれば、気をつけて下さい。落とし穴にハマるかもしれません!

落とし穴1:名刺や見込み顧客の情報をデータで一元管理できていない!

BtoCのマーケティングと言うと、非常にテクノロジーを活用して進んでいる印象を受けます。しかしその一方、BtoBでは未だに見込み顧客の名刺を、営業が引き出しの中に「紙」のまま保管している状況が多く見受けられます。最悪のケースになると、営業が退職した際に紙の名刺を持ち出し、せっかく自社とコンタクトしてくれた方の情報が社内に残らないなんてことも・・・。名刺情報の一元管理ができていないという場合は、ツール導入をきっかけに一元管理できる体制の構築をされることをおすすめします。

落とし穴2:Webのコンテンツを定期的に更新できない!

マーケティングオートメーションは、Webサイトを活用してマーケティングを効率化させるためのツールです。つまりマーケティングオートメーションが真価を発揮するためには、活用できるコンテンツがWebサイト上に必要です。見込み顧客がWebサイトに訪れた際に、いつ来ても同じ情報しか載っていなければ、顧客はそのWebサイトに訪問しなくなります。一方、そのWebサイトに訪れる価値のある情報が定期的に更新されていれば何度も訪問して貰えるようになります。そこでマーケティングオートメーションも活躍します。マーケティングオートメーションが顧客の購買意欲を高めてくれるのではなく、購買意欲を引き上げるコンテンツは定期的に発信していく必要があるのです。

落とし穴3:営業とマーケティングの連携がとれていない!

BtoBのマーケティングではよくあることですが、マーケティング・販売促進部署より営業現場の声が圧倒的に優先されてしまう会社は多いと思います。故に、どれだけマーケティングオートメーションを活用して見込み顧客を育て営業にパスしても、営業がアプローチしてくれない場合には売上や利益につながりません。マーケティングオートメーションを導入する前には、営業にリードをパスする仕組みや、マーケティングオートメーションを活用して育成した顧客にアプローチすることの重要性・その意義を、きちんと営業に理解して動いて貰う必要があります。

4つ目以降の落とし穴が知りたい方はこちらへ

https://www.marketingbank.jp/special/cat07/236.php

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]