Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「helper」は本社の助っ人

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「helper」は本社の助っ人」を公開しました。
こんにちは。
アラサー経験ゼロからWebエンジニアになった野呂です。

9コラム目です。前回までで電気信号の流れを”銀行”の通常業務の流れにひと通り例えてきました。
今回は、通常業務の”縁の下の力持ち”の本社の助っ人「helper」について、その仕組みと使い方を解説します。

まず最初に、本社の助っ人「helper」とは何かについて解説し、その仕組みと使い方をお伝えします。

Ruby on Rails を活用したWebアプリケーション開発ができるようになりたい初学者の人の”学びの加速”につながりますと幸いです。

■本社の助っ人「helper」とは

Ruby on Railsの処理の流れは、基本的に以下の通りです。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5666/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]