ヒューマンリソシア株式会社はコラム「名前解決のしくみ」を公開しました。
こんにちは、デジタルサポート大喜多です。
今回は名前解決の仕組みについて解説します。推奨図書はこちらです。

3分間DNS基礎講座

DNSと銘打っていますが、最初はTCP/IPの解説からスタートします。名前解決はホスト名(ドメイン)と
IPアドレスを相互変換するための仕組みなので、まずTCP/IPについて理解していないとDNSの仕組みの話に
入れないためです。ページの多くはDNSの仕組みについて割かれていますが(基礎講座というタイトルではありますが、
かなり詳細な説明もあります)
後半にTELNETとFTPについての解説もあります。

DNSという仕組みができるまでは、ホスト名(ドメイン)とIPアドレスの変換はhostsファイルのみで行っていました。

今でもhostsファイルによる名前解決の仕組みは健在ですが、ドメインの数が増えるにつれ、ローカルのhostsという
静的ファイルのみによる名前解決に限界が出てきたため、DNSという仕組みが誕生した、という流れです。
DNSは全世界に広がるホスト名(ドメイン)の分散型データベースシステムです。公開されているホスト名(ドメイン)で
あれば、世界のどこに居ても利用することができます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5088/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]