【apache】htaccessでリダイレクト(転送)設定する場合の記述方法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「【apache】htaccessでリダイレクト(転送)設定する場合の記述方法
」を公開しました。
今回はapacheサーバーでリダイレクト設定の方法をメモとしてご紹介します。
apacheサーバーでサイトの移転やパーマリンクの変更などでリダイレクト設定したい場合は、.htaccessファイルに記述します。.htaccessに記述することで、旧URLへのアクセスを新しいページに自動転送することができます。

「.htaccess」を作成する際の注意事項
■.htaccessファイルが置かれたディレクトリ以下が、リダイレクト有効範囲となります。

■.htaccessファイルの作成方法
ファイル名は、ドットから始まる「.htaccess」にします(ファイル拡張子はありません)。
保存した際に〜.txtなどの拡張子がついている場合はファイル名を変更して拡張子を除きます。

■記述の最後に必ず改行を入れる
「.htaccess」ファイル内の最後には、必ず改行を入れて下さい。改行がないと動かない場合があるようです。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/4247/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]