※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ハッシュの美学(2)」を公開しました。

ハッシュを使ったプログラム例
今回のプログラムは多言語対応の例となります。ハッシュを入れ子にして、数字の1から5を英語と漢数字で表示するプログラムを作成しました。 英語の「one」にアクセスするには、ハッシュを入れ子にしてアクセスします。しかし、この方法では、いちいち「[]」を指定する必要があり少し面倒です。もっと、簡単にアクセスする方法はないかと検討したところ、ありました。やっぱり、Ruby便利ですね。

リスト1

# -*- coding:utf-8 -*-
require ‘pp’lang = {
en:{
number:{
one:”one”, two:”two”, three:”three”, four:”four”, five:”five”
}
}, ja:{
number:{
one:”一”, two:”二”, three:”三”, four:”四”, five:”五”
}
}
}pp lang[:en][:number][:one]
ハッシュを使ったプログラム例(改良)
リスト2が改良したプログラムです。いろいろなテクニックを駆使していますが、英語の「one」に アクセスするには、「[]」ではなく、「lang.en.number.one」のように「.」区切りでアクセス出来るようになりました。直感的にアクセ スできる方式を実現しました。利用しているテクニックは、構造体、map関数、再起呼び出しとなります。3行目から4行目にかけてがこのプログラムのポイ ントです。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/348/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]