Rubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」が公開

トランスネット 泉氏によるRubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」が公開されました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

先日開催されましたRubyKaigi2014で"The Ruby Challenge"というプレゼンテーションがありました。

The Ruby Challenge: https://therubychallenge.com/

「画面に並んだ二つのコードのうち、より速い方を当ててTシャツを貰おう!」といった内容で、会場は大いに盛り上がり非常に印象深いプレゼンテーションのひとつでした。

さて、実際の開発においても「どちらの書き方の方が速いのだろう...」といった局面にあたることは多々あります。
「どちらが速いか」確実に確認する方法、それは言うまでも無く測ることです。

ということでRubyコラムDig Ruby! 第2回目は、Rubyで書かれたコードの実行速度を計測する方法の基本中の基本、"Benchmark"ライブラリをご紹介します。

興味がある方は以下のリンク先のコラム本文をご覧ください。
https://www.transnet.ne.jp/bbsbwohrw-22/#_22

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]