Webサイトには2つのストーリーが絶対に必要。でも・・・【ライター目線のWeb制作⑥】

Web制作では2種類のストーリーを作ることが重要。企業や商品を効果的・魅力的に伝える表のストーリーと、アクセスした人をコンバージョンまで導く裏のストーリーです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ホームページは文章や画像、映像などコンテンツが命です。どんなに美しいデザインや先進のプログラムを使っても、中身が充実していなければ、主役の魅力は伝わりません。雑誌や書籍の編集・執筆をルーツとするライターの私にも、Web制作をお手伝いする機会が増えてきました。ここでは、コンテンツ制作を生業とするライターの目線から、Web制作の現場で役立つ情報を連載します。

Webサイトには2つのストーリーが絶対に必要。でも・・・

 Webサイト制作では、2種類のストーリーを作ることが重要だと、私は考えています。ひとつは、企業や商品の特徴を効果的・魅力的に伝える表のストーリー。同じモノでも、重点を置くポイントや書く順番、文章表現によって、伝わり方は全く違うものです。
 もうひとつは、アクセスした人をどのようにコンバージョンまで導くか、という裏のストーリーです。こちらが意図するように、アクセスした人が動いてくれるよう、マーケットを理解しなければなりません。

ケーススタディ「iPhone 5を販売するサイト」

 たとえば、先般登場し、話題になったiPhone 5をWebサイトで販売するとします。画面が3.5インチから4インチへサイズアップしたことは、最も大きなトピックのひとつ。従来モデルのiPhoneユーザーにとっては、大変興味のあるポイントでしょう。
 しかし、これからスマホの利用を検討するユーザーにアピールするなら、優先度は下がります。市場で4インチのスマホは決して珍しい存在ではなく、ターゲットにとって「iPhoneを選ぶ理由」は他にあるからです。
 その点を考えると、こんな風に2組のストーリーを描けます。
※簡略化した内容です。実際はもっと複雑なストーリーになります。

●iPhoneの既存ユーザーに訴求する場合

【裏のストーリー】
モデルチェンジで進化した点を中心にアピール

それによって生活が変わることを訴求

新モデルへの買い換えを促進。他モデルへの乗り換えを防ぐ

【表のストーリー】

画面の大型化、高速通信への対応やプロセッサーの高速化など
それによって具体的に何がどれほど快適になるか

下取りキャンペーンなど既存ユーザーのメリット

「iPhone 5に変えた方が良い」「だからiPhoneは手放せない」というオチで締める

●スマホ新規ユーザーに訴求する場合

【裏のストーリー】

他のスマホに対するiPhoneの優位性をアピール(気持ち・機能)

それによって生活が変わることを訴求

数多あるスマホの中からiPhoneを選んでもらう

【表のストーリー】
デザインやサイズ感、操作感などiPhoneが積み重ねてきた世界観
※実際のユーザーに取材するなど体験・体感を重視

アプリの機能性や安全性、スムーズな動作
LTE対応や大型化など他のスマホに追いついた点
など機能・スペックとそれで良くなったこと

「スマホはiPhoneしかない」「あなたもiPhoneの世界へ仲間入り」というオチで締める

 訴求するマーケットによって、裏のストーリーは違います。それによって、サイトに書くべき内容や順番、語り口(表のストーリー)も変わるのです。

Web制作現場の問題点

 表裏2つのストーリーづくりが充実していなければ、Webサイトの目的を適切に果すことはできません。しかし、実際には、この点が意識されることはほとんどない、というのが、Web制作の現場を見てきた私の所感です。
 実は、プロのライターが入っているときこそ要注意。たとえば、上記のようなiPhoneの紹介を実力のあるITライターが担当すれば、しっかり読み応えのある記事にしてくれます。だからこそ、誰も疑問を持たず、プロジェクトが進行してしまうのです。読んで楽しいコンテンツでも(雑誌ならそれで良いかもしれません)、目的を持った企業サイトとしては機能しないでしょう。

マーケットを理解するコンテンツ制作者

 そんな事態を防ぐには、マーケティングとコンテンツ制作、両方のバランスが大切です。私は、精度の高いWebサイトを作るには
①コンテンツを理解するマーケティング担当者
②マーケットを理解するコンテンツ制作者
③両方を統括できるプロデューサー

のいずれかが必要だと考えています。Webコンテンツ研究所は、まさしく②のマーケットを理解するコンテンツ制作者を信条に、Web制作をお手伝いするプロジェクトなのです。
 Webコンテンツ研究所では、そんな能力とポリシーを理解していただける無料の提案サービスを行っています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

「魅力が伝わる」サイトリニューアル、無料にてご提案します【Webコンテンツ研究所】

■□■筆者・小越建典について■□■

小越建典は、都内の編集プロダクションで活躍するライターです。雑誌や書籍の編集、執筆でキャリアを積み、企業Webサイトのライティングも多く手がけます。最近は中小のサイトを中心に、ディレクションまで含めた案件が急増。現在は、出版系のメディアと一般企業のコンテンツを、半々程度の割合で制作しています。
Web制作の現場やコンテンツのあり方に問題意識を持ち、情報発信にも努めています。Webコンテンツ研究所主宰。

ライター・ディレクター 小越建典
Webコンテンツ研究所
MAIL:okoshi@avant-garde.jp
TEL : 050-3632-0545
携帯:080-4118-0545

小越建典の所属事務所はこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]