エイプリールフールのジョークじゃなかった「Google川柳」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

4月1日、「Google川柳」がリリースされました。

■Google川柳
http://www.google.co.jp/intl/ja/landing/senryu/

エイプリールフールだからジョークだと思っていたら、本気だったんですねGoogleさん

日本らしい、日本の文化に関するサービスを模索していたとのことですが、これはまた予想だにしなかったサービスです。

しかし、このサービスにユーザーメリットと、Googleのビジネスメリットが見出せません。一体どういった位置づけにするつもりなのか?Googleの今後の挙動に注目ですね。

現在、川柳が表示される検索キーワードは、ごく一部ということですが徐々に対象を増やすようです。

ただ、先にも述べたように、検索結果に川柳が出ることにどういったメリットがあるのか?本当、この一点のみ、どうしても引っかかって仕方ありません。

住所で検索すると地図が、計算式で検索するとその解答が、商品名情報や、画像や、動画が表示されたりする検索サービスは、便利だなぁ~と心底思うので、この川柳にも何かしらトリックが隠されているのでしょうか?

先日、米Googleが動画ユニットの効果について検討を行い、4月末までにこのサービスを終了することを決定しました。

この様に、Googleも収益モデルになりえないものに関しては、早期打ち切りということをシビアに行います。

果たして「Google川柳」なるものは、どのような末路を辿るのか?
「やっぱり、エイプリールフールでした。」ってなことになったりして!w

===================================
SEO対策レポートhttp://seo.anabebe.com/
===================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]