電通デジタルが生成AIを活用した営業DXサービス「∞AI Chat for Sales」を開始

詳細な顧客インサイトを導き出してコミュニケーション文章生成、活動効果向上へ

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、生成AI(人工知能)を活用した営業DX(デジタル変革)サービス「∞AI Chat for Sales(ムゲンエーアイチャットフォーセールス)」を6月13日に始めた、と同日発表した。詳細な顧客インサイト(深層心理)を導き出し、営業行動計画やセールストークなどのコミュニケーション文章を生成。活動の効果を高める。

電通デジタルが展開するAI活用サービスブランド「∞AI」の一環。顧客から取得したゼロパーティデータ(ユーザーが同意して提供したデータ)と、企業が持つファーストパーティデータ(自社で収集したデータ)といった顧客情報と、電通が保有する生活者の価値観などを聴取した大規模調査データをインプットデータに活用し、顧客インサイトを鮮明にする。

これらのデータをLLM(大規模言語モデル)に与えてペルソナ(ユーザー像)を生成。ペルソナに対して適切なメッセージを生成する独自技術を使い、パーソナライゼーションに基づいた営業支援メッセージを提供する。生活者の意識や価値観を踏まえた仮説や、根拠になる参考調査データを示すことができ、一般的なLLMによる文章生成より効果が高まるという。

アイコン
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]