低収入ほど“現金派”、高収入ほど“キャッシュレス派”? 今後利用が増えそうな決済手段は?【ネオマーケティング調べ】

60代以上男性は「現金派」、60代以上女性は「キャッシュレス決済派」と性年代で差も。

ネオマーケティングは、「新紙幣とキャッシュレスに関する調査」を実施した。キャッシュレス決済の状況や新紙幣発行への意識について、20歳以上の男女1,000名が回答している。

世帯年収が高いほど“キャッシュレス派”? 
今後利用を増やしたいのは「QRコード決済」がトップ

【性年代別】買い物などの支払い方法 ~現金かキャッシュレスか~

まず、買い物などの支払い方法について聞くと、全体では51.8%が「キャッシュレス決済をすることが多い」と回答した。「キャッシュレス決済しかしない」という層も6.0%存在し、合計すると57.8%が“キャッシュレス派”となった。

性年代別でみると、60代以上の男性では「現金派」が計32.0%となり、全年代の中でトップとなった一方で、60代以上の女性では「キャッシュレス派」が計72.0%となり、男女差が見られた。

【世帯年収別】普段利用する支払い手段

普段利用する支払い手段を世帯年収別で見ると、年収が低くなるほど「現金利用者」が増え、年収が高くなるほど「キャッシュレス利用者」が増えることがわかった。この傾向は、特に「電子マネー」「スマートフォン決済」「携帯キャリア決済」「オンライン決済サービス」の利用率で顕著だった。

各支払い手段に対する、今後の利用頻度

今後の利用頻度について聞くと、利用を減らしていきたい支払い手段は「現金」が28.6%で最多に。一方で、利用を増やしたい手段としては、「QRコード決済」が23.8%、「ポイントカードやポイントアプリを利用した決済」が20.0%で上位となった。

2024年夏に発行される新紙幣、約2割の人が「知らなかった」

2024年7月3日に新紙幣が発行開始されることを知っているか

次に、2024年7月3日に新紙幣が発行開始されることを知っているかを聞くと、認知度は全体の77.9%にのぼった。そのうち、「新紙幣の人物を詳しく知らない」という層は47.0%を占めていた。

新紙幣を使ってみたいか

新紙幣を使ってみたいかという質問では、とても使ってみたい・まあ使ってみたいの合計が44.2%という結果に。「どちらともいえない」は43.5%となり、全体的にはややポジティブな反応となった。

調査概要

  • 【調査方法】ネオマーケティングが運営するアンケートシステムを利用したWEBアンケート方式
  • 【調査対象】全国の20歳以上の男女のうち、普段買い物をする人
  • 【有効回答数】1,000名 
  • 【調査実施日】2024年4月10日(水)~2024年4月11日(木)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]