Z世代と時事ネタ、「芸能人のゴシップ」報道は減ってほしいが「スポーツ」「政治」より友達と話す【SHIBUYA109 lab.調べ】

約8割のZ世代が「信頼できる情報がわからない」。

SHIBUYA109エンタテイメントが運営するマーケティング機関『SHIBUYA109 lab.』は、「Z世代の時事ネタに関する意識調査」の結果を発表した。1都3県の15~24歳男女450人が回答している。

ニュースソースの使い分け、X「最新の情報を知る」、テレビ「たまたま目に入る」

まず「ふだん時事ネタやニュースに触れる頻度」を聞くと、「1日複数回」42.2%が最多で、「1日1回」30.2%と合わせ、7割以上が毎日なんらかの形でニュースに触れていた。

ふだん時事ネタやニュースに触れる頻度

そこで「興味関心のあるニュースジャンル」について聞くと、「文化・科学」33.3%、「世代間ギャップや若者に関する話題」32.7%、「スポーツ」32.7%が上位。「報道や掲載が増えて欲しいと思うジャンル」でも文化・科学」27.8%が最多で、「教育」25.6%、「経済・経済施策」25.3%が続いた。

「報道や掲載が減って欲しいと思うジャンル」では「芸能人のゴシップ」25.1%、「性被害・ハラスメント」24.2%、「誹謗中傷・ネットリテラシー」20.9%が上位だったが、「友だちと話題になるジャンル」は「芸能人のゴシップ」20.9%が1位だった。

一般人がSNSに投稿した動画が拡散され時事ネタ・ニュースになることも増えているが、「友達の悪事・悪行をSNS上で見つけた際に記録としてスクリーンショットを撮影したことがある」人は34.6%、「そういった画像を他人に共有したことがある」と回答した人は28.6%だった。

「ふだんニュースや時事ネタの情報収集に使用しているツールや媒体」では「X(旧:Twitter)」66.4%が最多で、「テレビ番組」66.0%、「検索エンジン(GoogleやYahoo!など)」54.9%、「ニュースサイト・アプリ」50.4%などを上回る。

情報収集に使用しているツールや媒体

その使い分けについて聞くと、X(旧:Twitter)は「最新の情報を知る」25.4%が多く、テレビは「たまたま時事問題やニュースの情報が目に入ってくる」24.2%、検索エンジンは「手軽・気軽に情報を得る」26.7%だった。各メディアのイメージについても、X(旧:Twitter)は「情報のスピード感がある」17.6%、テレビは「情報に忖度が多い気がする」14.0%、検索エンジンは「知りたい情報が早く知ることができる」19.8%が最多で、大きく異なっている。

情報収集ツール・媒体の使い分け
情報収集ツール・媒体に対する印象

時事ネタやニュースの情報を収集する際の課題については、80.9%が「情報の切り取り方や切り抜き方が偏っていると感じる」、78.2%が「信頼できる情報がわからない」などと感じていた。

また情報の真偽の判断(ファクトチェック)については、「動画や画像などの証拠がある」36.2%、「テレビや新聞など他のマスメディアでも報道されている」35.8%、「グラフなどの数値的な根拠がある」32.7%が重視されている一方で、テレビ番組の情報のファクトチェックについては、「SNSで一般人の意見や考えを確認する」30.4%、「検索エンジンを使って検索する」28.0%が上位で、ネットで裏付けを求める様子が明らかとなっている。

情報をファクトチェックする際に気を付けていること
テレビ番組の情報のファクトチェックで気を付けていること

調査概要

  • 【調査対象】東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の15~24歳男女
  • 【調査方法】外部調査会社のアンケートパネルを使用。さらにグループインタビューを実施
  • 【調査時期】2023年12月
  • 【有効回答数】450人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]