まだPPAPで消耗してるの? 約3割の企業でいまだPPAPがマストになっている【サイバーソリューションズ調べ】

PPAPを利用している企業の8割が代替策を導入または検討。

サイバーソリューションズは、「企業のメールセキュリティへの取り組みに関するアンケート調査」の結果を発表した。企業の情報システム部所属社員1,000人が回答している。

この調査では、暗号化したZIPファイルをメール送信するのと同時に、その復元パスワードを別メールで送信する「PPAP」と呼ばれる手法に焦点を当てている。PPAPを採用している企業・官公庁は多いが、実際にはセキュリティ面の有効性は低く、PPAP廃止の動きが進んでいる。

PPAPを放置している企業が2割ほど存在

まず「勤務先のPPAPの利用状況」について聞くと、「PPAPだけを利用」という企業がいまだ30.2%存在することが明らかとなった。

「PPAPのみを使用している企業」「PPAPを利用していない企業」を規模別に見ると、規模が大きい企業ほどPPAPをいまだに利用している。

「PPAPに代わる対策の導入・検討を行っていますか?」と聞くと、「オンラインストレージなどでの共有を推奨」32.0%が多い一方で、「行っていない」も19.8%とかなりの割合を占めており、PPAPの危険性が放置されている現状が明らかとなった。

サイバーソリューションズはPPAPに対し「ウイルス感染の危険」「盗聴対策の効果が低い」「誤送信の危険」の3点が課題だと指摘している。

調査概要

  • 【調査対象】従業員数300名以上の企業に勤務する情報システム部所属社員
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年1月6日~10日
  • 【有効回答数】1,000人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]