LINEが提供する、アプリとウェブサイトのセキュリティサポートシステム「AIR GO」を「Amazon SaaS Store」で販売開始

AIRは、多くの特許技術に基づいた強力なセキュリティ技術を保有

LINEは、同社が提供するセキュリティプラットフォームサービス「AIR(Active Incident Response)」にあるセキュリティと安全性を診断する「AIR GO」を「Amazon SaaS Store」で12月9日販売開始した、と12月11日発表した。

AIRは、アプリのセキュリティをチェックして問題点に対処できるように、診断・保護・モニタリングを一元的に提供するセキュリティプラットフォームサービスで、専門性と安定性はすでに検証済みとなっており、多くの特許技術に基づいた強力なセキュリティ技術を保有している。

AIR GOは、明確な判別が難しいGoogle Play Storeのリジェクト理由を診断し、アプリを配布する前に脆弱性を改善できるように手助けするほか、DEXだけでなくSO、DLLで使用された外部ライブラリの脆弱性と難読化の有無を検知し、アプリの分析に最適化した情報を提供する。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]