ロックオン、広告効果測定の「アドエビス」をスマートフォンとタブレットに対応

機器・OSごとのアクセスデータの比率や機器ごとの検索ワードなどの詳細分析が可能

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社の広告効果測定システム「アドエビス」をバージョンアップし、従来のPC、携帯電話に加え、スマートフォンとタブレットのユーザー分析を可能にした、と11月7日発表した。機器やOSごとのアクセスデータの比率のほか、機器ごとの検索ワードなどが詳細に分析できる機能を実装した。スマートフォンユーザーの急激な増加に対応した。

どの機器のユーザーがサイト内でどんな動きをして成果につながっているか、や、成果に結び付いたユーザーが利用していた機器を調べるなど、細かな分析が可能になる。そのため、これまで以上に具体的な対策が可能になり、改善を図ることができる。アドエビスの利用者からスマートフォン、タブレットへの対応を求める声が多く寄せられたことから、バージョンアップした。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]