ロックオン、インターネット広告効果測定サービス「アドエビス」をバージョンアップ

新たに初回の接触からコンバージョンまでの“潜伏期間”の表示に対応
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発・販売のロックオンは、同社のインターネット広告効果測定サービス「アドエビス」をバージョンアップし、新たに初回の接触からコンバージョンまでの“潜伏期間”の表示に10月12日対応した、と同日発表した。すぐには成果に結び付かない広告に対し、潜在的なニーズへの効果を潜伏期間として把握でき、バナー広告など認知広告の評価が容易になる。

アドエビスの管理画面に、ユーザーが初回接触した広告から成果までの期間と初回接触の日付を表示。成果までの時間を潜伏期間として知ることで、測定が難しかった認知広告の長期的な効果が評価でき、従来とは異なる広告選定のプランニングが可能になる。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]