ロックオン、広告効果測定「アドエビス」をバージョンアップして詳細分析を可能に

コンバージョンに至ったユーザーごとの訪問履歴をページビュー単位で個別に追跡
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社の広告効果測定システム「アドエビス」をバージョンアップした、と8月29日発表した。商品購入、会員登録などコンバージョンにつながったユーザーごとの訪問履歴を、ウェブページが読み込まれた回数のページビュー(PV)単位で詳細に分析できるようにした。コンバージョンに至ったユーザーが過去にどんなページを何時に何回閲覧していたか、PV単位で個別に追跡できる。

個別追跡として、ユーザー別に「遷移したページ」「ページごとの滞在時間」「ページへの流入元」など、接触を始めた時からコンバージョンまでの訪問履歴を確認可能にした。個別追跡機能は、アクセス解析のオプション利用が必要。また、コンバージョンしたユーザーが接触した広告接触回数を、10回前まで取得できる。新機能によって事前にユーザーの好みや行動特性を把握することで、対面営業をスムーズにする。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

アドエビス
http://www.ebis.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]