日本IBMが視覚障害者のアクセシビリティー向上のためのツールを開発しサイト公開

よろしければこちらもご覧ください

日本IBMは、インターネット上で一般ユーザーと視覚障害を持つユーザーが協働してウェブページのアクセシビリティーを向上させるためのツール「ソーシャル・アクセシビリティー・コラボレーション・ソフトウェア」を開発し、それを支えるコラボレーションサイト「ソーシャル・アクセシビリティ・プロジェクト」を公開した、と7月8日発表した。

視覚障害者が読み上げ機能付きブラウザでウェブページを閲覧し、理解できない箇所を見つけた時に、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサーバーにメッセージを送信。メッセージはサイトに表示され、表示を見た一般ユーザーが問題に対して適切な情報をツールを使って付加し、サーバーに登録。その後、視覚障害者がそのウェブページにアクセスすると、ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサーバーから登録された付加情報が自動的に読み込まれ、理解できる仕組み。

ソーシャル・アクセシビリティー・プロジェクトのサイトでは、ユーザーごとの投稿数や修正数のランキングを表示したり、視覚障害を持つユーザーと一般ユーザーや、一般ユーザー同士が問題点について話し合う場も提供する。障害者や高齢者にとっても、インターネットは容易に情報が入手できたりサービスが受けられる社会基盤になっているものの、制作者が気付かない部分で多様なユーザーの利用に支障をきたしていることもあることから、同社の東京基礎研究所がツールを開発した。

ソーシャル・アクセシビリティ・プロジェクト
http://services.alphaworks.ibm.com/socialaccessibility/

日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

日本IBM東京基礎研究所
http://www.trl.ibm.com/extfront.htm

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]