シックス・アパート、CMS機能を強化した「Movable Type 4」日本語ベータ版を発表

[AD]
シックス・アパート株式会社
代表取締役 関 信浩氏(右)
執行役員 製品企画担当 金子 順氏(左)

シックス・アパートは6月5日、同社が提供するブログソフトウェアの最新版「Movable Type 4」日本語のベータ版を発表した。2004年5月に発表した「Movable Type 3」日本語版から3年振り、同社が日本法人を設立してから初めてのメジャーバージョンアップとなる。製品版の出荷は2007年7月18日の予定。

Movable Type 4では、インターフェイスを刷新。WYSIWYGエディタを標準搭載し、入力画面はよりシンプルでわかりやすいデザインに変更された。各種メニューもプルダウンメニューに変更されており、必要な機能を一箇所で選択できるようになっている。

また、今回のバージョンアップでは、日記だけでなくサイト全体のコンテンツ管理システムとして利用するケースが増えていることから、CMSとしての機能を強化している。広報的なブログの活用だけでなく、簡単に記事を作成したい、動画や音声を簡単に管理したい、サイト全体を一元管理したいといった企業のニーズに応える。

新たにウェブページ管理機能を追加し、ブログの記事だけでなく、会社案内や地図といったコンテンツの制作もできるようになったほか、コメントやトラックバックの管理機能も強化されている。加えて、コメント投稿者がユーザー登録・ログインが可能になっており、読者に投稿機能を付与することもできる。

従来はプラグイン単位での機能追加に対応していたが、特定の目的に合わせた拡張機能をパック形式で提供する。これにより、カスタマイズのコスト削減などが可能になる。

新バージョンのライセンス体系は以下の通り

  • 基本ライセンスパック(1サーバー・5ユーザー):5万2,500円
  • 追加ライセンス(5ユーザー):4万2,000円
  • 追加ライセンス(10ユーザー):7万3,500円
  • バージョンアップ基本ライセンス(1サーバー・5ユーザー):2万1,000円
  • バージョンアップ追加ライセンス(5ユーザー):1万5,750円
  • バージョンアップ追加ライセンス(10ユーザー):2万6,250円
  • 技術サポート(1年間):1万500円

個人向けライセンスは、従来通り無償となる。また、開発者向けにオープンソース版の提供も予定しており、第3四半期に米国で発表される予定だという。

7月17日まで無償のバージョンアップキャンペーンを実施しており、期間中にMovable Type 3を購入すると、製品版出荷後にMovable Type 4への無償アップグレードが可能だ。

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]