衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

ユーザー定義のセグメントをレポートで確認するには?

ページ

よろしければこちらもご覧ください

ユーザー定義のセグメントをレポートで確認するには?

図3:[ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義]メニュー
図3:[ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義]メニュー

レポートは[ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義](図3赤枠部分)を確認しよう。

ユーザー定義を使っていない場合の表示

ユーザー定義のトラッキングコードを利用していなければ、図4のように一覧表示部の値表示には「(not set)」が表示される。

図4:「ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義」レポート、ユーザー定義を利用していない場合
図4:「ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義」レポート、ユーザー定義を利用していない場合

ユーザー定義を使っている場合の表示

ユーザー定義を利用している場合は「(not set)」以外の表示もあるはずだ。図5は上記のユーザー定義で値を「no_report」とした場合(図5赤枠部分)のレポート表示になる。
図5:「ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義」レポート、ユーザー定義を利用している場合
図5:「ユーザー]>[カスタム]>[ユーザー定義」レポート、ユーザー定義を利用している場合

図5は、まだ図2のフィルタを掛けていない場合のレポート表示だ。このように正しくレポートが集計されることを確認してから、別のビュー(プロファイル)を作成したうえで、図2のようなフィルタを掛けよう

以前も説明したように、メインで利用しているビュー(プロファイル)にフィルタを設定するのはお勧めできない。

ユニバーサルアナリティクスではどうなるか?

なお、ユニバーサルアナリティクスでは、図6のように、新規作成したカスタムディメンションをフィルタに指定することはできる

図6:ユニバーサルアナリティクスのフィルタ
図6:ユニバーサルアナリティクスのフィルタ

ユニバーサルアナリティクスは、ユーザー定義とカスタム変数の2つが、機能としてはこのカスタムディメンションやカスタム指標に集約され、それぞれ20個まで利用できるようになっている。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]