コメント投稿

メールマーケティング担当者が一度は悩む「購読解除」の原因と対策とは?配信頻度との関連も紹介

購読解除される原因とその対策から、購読解除と配信頻度の関係についてご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

メールマーケティングを行っている企業様ならできるだけ避けたいと思う「購読解除」。購読解除を抑制するために、配信頻度を減らしているという担当者様の声をよく聞きます。ですが、本当に購読解除されてしまう原因は配信頻度なのでしょうか?今回は、購読解除されてしまう原因やその目安から購読解除率を下げるための施策と最適な配信頻度について、ご紹介します!

 

1.できればしてほしくない「購読解除」
2.メールマーケティングの主要KPI「購読解除率」の算出方法と目標値
3.なぜ購読解除されてしまうのか?
4.購読解除率が上がってしまった!取るべき対策とは
5.その認識間違っています!購読解除と配信頻度の関係
6.購読解除への対策として絶対してはいけない「オプトアウトの非表示」
 

詳細は以下からご確認ください。

メールマーケティング担当者が一度は悩む「購読解除」の原因と対策とは?配信頻度との関連も紹介

よろしければこちらもご覧ください
040
040
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル