コメント投稿

本当に、顧客に「感動」を提供すればマーケティングは上手くいくのか?

本当に、顧客に「感動」を提供すればマーケティングは上手くいくのか?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

顧客に「感動」を提供しよう!

こんな言葉が今、マーケティングの界隈ではよく聞かれる。売上を求めるのではなく、顧客に感動してもらうことで売上を上げることが出来るのだ!と、あらゆる記事や書籍で言われるようになった。

そのことについて、異を唱える人は少ないだろう。私もまったくもってその通りだと思う。顧客がお金を支払うのは、物理的な製品を所有するためではなく、製品を所有することで得られる感情にある。どんなにハイスペック製品であっても、まったく嬉しい気持ちにならないのであれば、購入する意味がない。そして、そのことが顧客が感情に対価を支払っていると言われる所以である。

そういう意味において、顧客に感動を提供しようとする姿勢は間違ってはいない。しかし、この言葉は非常に抽象的であり、その言葉自体が曖昧であるがために、受け取る人の中でとめどなく大きくなってしまったようだ。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
120
120
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル