ビジネスメールやチャットの書き方は「上司に教わった」が1位。一方で6割以上の人が「指導内容にストレスを感じた」【YOSCA調べ】

メールやチャットのマナー指導は上司・部下お互いにストレス?

記事作成代行サービスを提供するYOSCAは、ビジネスメール・チャットに関する社内教育の実態を調査した。20代〜50代の男女300名が回答している。

メール・チャットの書き方は「上司や先輩から教わった」が約35%

メール・チャットの書き方はどのようにして身につけましたか?

まず、メール・チャットの書き方をどのようにして身につけたかを聞くと、「上司・先輩から教わった」が35.3%で最も多く、ついで「何もしていない/自然と身についた」31.3%となった。

メール・チャットに関する上司・先輩の指導にストレスを感じたことはありますか?

上司・先輩から教わったと回答した人に対し、メールやチャットの指導にストレスを感じたことはあるかを聞くと、64.6%が「ある」と回答した。

どのような点でストレスを感じましたか?(複数回答)

具体的にどのような点でストレスを感じたかを聞くと、「お手本となる文章を提示してくれない」「改善例を示してくれない」など、「指導・指摘のあいまいさ」によるものが多く挙げられた。

どのような方法で指導しましたか?(複数回答)

一方で、メール・チャットの書き方を部下に指導したことがある人に対し、具体的にどのような方法で指導したかを聞くと、「送信前に文面をチェックして改善点を指摘した」が36.7%で最多となった。

指導の際にどのようなストレスを感じましたか?

また、指導の際どのようなストレスを感じたかを聞くと、「指導するのに多くの時間・労力がかかる」「相手に伝わっているのかが分からない」が上位の回答となった。

調査概要

  • 【調査対象】20代〜50代の男女300名
  • 【調査日】2024年4月
  • 【調査方法】自社調査、インターネットによる任意回答
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]