Web制作会社に希望の完成イメージを伝えるために「ワイヤーフレーム(構成案)」を作ろう

今回の記事では、Web制作のトラブルを事前に防ぐ「ワイヤーフレーム(構成案)」の重要性と基本的な作り方をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Web制作の過程で、Web制作会社に思ったように意図が伝わらず、困った経験はありませんか?

Web制作は、デザインや導線など、感覚的な要素も多いため、事前にしっかりとコミュニケーションを取らなければ「言った・言わない」の問題になりがちです。

今回の記事では、そんなWeb制作のトラブルを事前に防ぐ「ワイヤーフレーム(構成案)」の重要性と基本的な作り方をご紹介します。

目次

構成案が合った方が良い理由

  1. Web制作の工程

構成案に必要な要素とは?

  1. ワイヤーフレーム(構成案)に必要な要素の例

テキスト

  1. 手書きで作る
  2. Power Pointで作る
  3. ワイヤーフレーム制作ツールで作る

まとめ

続きは下記リンクから(全文無料)

Web制作会社に希望の完成イメージを伝えるために「ワイヤーフレーム(構成案)」を作ろう

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]