ファミリーマートが大阪・関西万博の建設工事現場内に移動型無人トレーラー店舗を開店

「ファミリーマート舞洲/N店」、コンビニで初めて、竹中工務店・日立ハイテクとともに

コンビニエンスストアを展開するファミリーマートは、大阪市此花区の大阪・関西万博の建設工事現場内に移動型無人トレーラー店舗「ファミリーマート舞洲/N店」を5月13日に開いた、と同日発表した。移動型無人トレーラー店舗はコンビニで初めて。建設大手の竹中工務店、計測器・半導体製造装置などを手掛ける日立ハイテクとともにオープンさせた。

移動型無人トレーラー店舗のイメージ

移動型無人トレーラー店舗は、竹中工務店と日立ハイテクの移動可能な工事事務所「牽引(けんいん)式オフグリッド型モバイルハウス」を発展させた。日立ハイテクの太陽光発電パネル、蓄電池、制御機器で構成する自立電源システムを備える。太陽光で発電した電気を蓄電池に充電して内部の空調に利用。衛星インターネットを搭載し、自立通信もできる。

店舗は建設現場で働く作業員が対象。工事の進み具合や工事の従事者数に応じて場所を変える。店舗の面積は約14平方メートルで、冷蔵・冷凍商品を含む約280種類の商品をそろえる。支払いはバーコード決済、交通系電子マネー、クレジットカード。ファミリーマートは今後、被災地や買い物不便地域などでの移動型無人トレーラー店舗の展開を検討する。

店内レイアウトイメージとレジ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]