メールマーケティングに動画を活用するメリットとは? | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2019年7月29日(月) 11:00
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「メールマーケティングに動画を活用するメリットとは?」 からご覧ください。

メールマーケティング

動画を活用するシーンはさまざまですが、そのひとつにメールがあります。メールでは、メールマガジンにコンテンツとして盛り込んだり、通常のメールの署名にサービス紹介動画のURLを掲載したりすることもでき活用方法は多種多様です。この記事では、メールマーケティングにおける動画活用のメリットは何かを説明し、動画制作をする際の注意点もあわせて紹介していきます。

動画マーケティングとしてすべきこととは

動画マーケティングにおいては、商品の購買や資料請求など、最終的な目標につなげることがひとつの成果となります。そのため、購入行動の促進につながる工夫が必要となり、コミュニケーションツールのひとつとして動画の活用が重要な役割を果たすのです。メールに含めるコンテンツとしての活用はその代表例です。より満足度の高いコンテンツを提供するうえでも、動画はコンテンツとして期待できます。動画制作をする際は、視聴者に最終的にどのようなアクションを起こしてほしいのかを考えることが重要です。

単に動画作りがマーケティングの目標にならないようにし、視聴者を期待するアクションへ誘導する工夫をしましょう。たとえば、動画内にサイトURLやロゴなどを入れて自社サイトへ誘導したり、ブランドの認知度を高めたりする努力が必要です。動画マーケティングは動画さえあればうまくいくというものではなく、まずは目標を立てて、それをどうすれば実現できるのかを逆算的に考えることがポイントです。

メールに動画を含めるメリット

メールに動画を含めると、どのような効果が期待できるのでしょうか。ここでは、2つのメリットに注目して紹介します。

視聴者の商品やサービスの理解を深めることができる

動画は、文章や画像で訴求しきれない商品やサービスの魅力を説明できるのがメリットです。サービスの使用感や商品の持つ雰囲気などは、文章だけで描写するのは難しいといえるかもしれません。しかし、動画の場合は視聴者に視覚的に訴求できることから、親近感などの感情も視聴者に芽生えさせやすくなります。そして、結果的にCV率の向上などのマーケティングで成果が期待できます。

また、メールに動画URLを貼り付けて自社サイトへ誘導することで、自社サイトへ流入を増やし、視聴者の商品やサービスの理解促進につなげることも可能です。

視聴者を自社サイトへ誘導できれば、ほかの商品やサービスにも興味を持ってもらえる可能性が高まるので、派生効果も期待できるでしょう。また、動画はCV率を上げるだけではなく、その前段階である興味喚起やクリック率を上昇させる可能性も秘めています。すぐにCV獲得につながらなくても、動画をメールで配信し続けることで、サービスやブランドなどの認知度や親しみやすさを向上させられるでしょう。

視聴者のストレスが減る

メルマガで長文を読むよりも動画を見たほうが、視聴者のストレスを減らすことができます。視覚と聴覚の両方に訴えかけられる動画という手段は、短時間でもたくさんの情報を提供でき、視聴者にストレスを与えたり飽きさせたりせずにサービスの魅力を伝えられます。そのため、成果につながるマーケティングが実現しやすいのが動画の持つメリットです。

動画は文章と比べると、ユーザーにとって受動的に情報を得られる手段です。疲れているときやリラックスしているときでも情報が入って来やすいので、チャンスを逃しにくいのが利点となっています。とりわけ、BtoB向けの動画は個人向けの動画と比べると、仕事中というストレスのある環境下での視聴が多いのが一般的です。BtoBの場合はそれを意識した動画作りをすることでも、視聴者のストレスを軽減させながらきちんと情報を伝えられるようになります。

メール掲載向け動画の制作依頼するときのポイント

メール掲載向けの動画を動画制作会社に依頼するときには、気をつけておきたいポイントがあります。ここでは、3つに絞って注意点などを紹介します。

誘導のタイミングを考える

動画内でウェブサイトや問い合わせへ誘導する場合、情報を表示するタイミングによっては誘導につながらない可能性があるので注意しましょう。たとえば、商品の説明がないまま商品購入への誘導を行っても、CV率アップには貢献する可能性が低いといえます。多くの動画では、商品・サービスの説明後に動画の最後に商品名やサービス名を再度見せて誘導しているので参考にしてみましょう。自社サイトへの誘導を最大限にできるタイミングを考えることが大事で、単に動画内にウェブサイトへの誘導の工夫を入れたからCV率が向上するのではないことに留意する必要があります。また、動画の最後に情報を掲載する場合、動画を終わりまで見てもらえる工夫も不可欠です。

ストーリー性を持たせたり有用な情報を提供し続けたりすることで、視聴完了率を上げる構成も重要となります。とりわけ、最初の数秒間は視聴者の関心を引きつけるのに重要です。この段階で「続きが気になる」「続きを見たい」と思わせることで、より長く見てもらえる確率が上がります。さらに、視聴完了率を向上させるためには動画の長さも重要です。動画があまりにも長すぎると、内容に興味を持っていたとしても途中で飽きてしまい、視聴を諦めるケースが出てきます。メール動画の場合はだいたい30秒以内が一般的で、もっと短い時間で伝え切ることができるなら、それに越したことはありません。動画マーケティングでは、使用用途や掲載先によって最適な長さを見極めることも、効果の成否を決める重要な要素となるのです。

動画の見せ方を工夫する

サイトURLやメールアドレスを動画内にそのまま盛り込むより、素材を活用して工夫することも心がけましょう。たとえば、動画内で自社サイトへ誘導するなら、パソコンで商品名やサービス名を検索しているシーンを最後に入れることで視聴者への行動促進が期待できます。どのような素材を使うかは、プロに相談して決めることが大切です。ありきたり過ぎるものや奇をてらったものでは、視聴者の行動に結びつかない可能性もあります。また、あまりにも宣伝臭がするものは敬遠される傾向にあるので、動画の内容に溶け込むように見せるなどの工夫も大切です。動画作りで目標となるのは、視聴者に違和感を与えず、また視聴者を楽しませながら自然と誘導することです。

プロならいくつもの方法を知っているので、協力しながら適切な表現を見つけていきましょう。さらに、動画は自動再生にするか、ユーザーが能動的にクリックして再生するようにするのかを考えることも重要です。自動再生はデータ容量を消費したり急に音が出たりと、マイナスの側面もあります。一方で、メールを開くと自動的に再生するタイプなどでは、再生ボタンを押すところまではいかないユーザーも半強制的に動画を視聴するので、CV率アップへのチャンスをつかみやすくなります。

ナレーションでも誘導する

視覚に訴えるだけではなく聴覚にも訴える工夫は大切です。ナレーションを活用し、情報を耳から取り入れられる仕組みを構築しましょう。セリフの代表例としては、「◯◯で検索!」「無料トライアル実施中!」といった、誘導だとわかりやすいフレーズです。ただし、BtoB向け動画だと音を出しづらい環境があることも予想されるので、商材によっての使い分けが重要となります。音を出せない環境での視聴も考慮し、視覚と聴覚の効果はどちらかに偏りすぎないようバランスよく配置するなどの工夫がポイントです。

メールマーケティングに動画を活用しよう

動画マーケティングに動画を活用する場合、BtoBでは特に、ウェブサイトへの誘導や問い合わせにつなげるためにも、メールアドレスやURLを動画に表示させておく必要があります。動画制作サービスのCrevo(クレボ )でも、メールマーケティング向け動画の制作を手がけています。経験と実績が豊富なプロに相談すればより高いマーケティング効果が期待できるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

営業ツールの動画制作・映像制作

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイドバー
Webサイトのページ上で、コンテンツエリアとは区別して作られたエリアのこと。ナビ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]