アナリティクス 360 ソリューション ガイド: トップブランドに見るカスタマー ジャーニー把握のアプローチ | Google Analytics 日本版 公式ブログ

Google Analytics 日本版 公式ブログ - 2019年4月3日(水) 11:11
このページは、外部サイト Google Analytics 日本版 公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「アナリティクス 360 ソリューション ガイド: トップブランドに見るカスタマー ジャーニー把握のアプローチ」 からご覧ください。


この記事は、弊社公式ブログ記事「The Analytics 360 Solution Guide: How today’s top brands gain a deeper understanding of the customer journey」を元に構成しております。










デジタル技術とモバイル デバイスの浸透により、今日の消費活動の主導権はユーザーに移っています。カスタマー ジャーニーのあり方も、従来のように認知から購入へと順を追って進む直線的なものから、ひとつひとつ異なる予測困難な行動プロセスへと変化しつつあります。マーケターにとって、購入に至るまでの各ステップでどのようなエンゲージメントが発生しているか把握することは重要な課題であり、同時にカスタマー エクスペリエンスを改善してマーケティングの成果を高めるチャンスでもあります。




新しいアナリティクス 360 ソリューション ガイドでは、顧客を中心に据えた戦略作り、チーム間コラボレーションの強化に役立つテクノロジーの導入、広告と解析データの統合といった取り組みについて、先進的なマーケターの事例を通してご紹介しています。




顧客を中心に据えた戦略





調査を通して共通の傾向として明らかになったのが、先進的なマーケターは顧客を中心に据えた戦略作りを行っているということです。たとえばインタラクティブ エンターテインメント企業 Electronic Arts Inc. では、チーム構成が顧客を軸としたものになっており、マーケティング、解析、パブリッシングを担当する各チームが、カスタマー インサイトを認識の基盤として共有しています。




チーム間のコラボレーションを支えるテクノロジーの活用





チーム間で効果的な共同作業ができるよう、相互連携可能なテクノロジーを社内共通で導入していることも、先進的なマーケターに見られる特徴です。米国のプロ野球リーグ運営機構 Major League Baseball は、統一的なプラットフォームの導入によって、レポートの取得や共有にかかっていた時間を大幅に削減することに成功しています。




広告と解析データの統合






広告とアナリティクスのデータを一つのプラットフォームに統合することによって、ひとりひとりの顧客との関係をより強固で意味深いものとすることができ、マーケティングにさまざまな可能性をもたらします。

オンライン旅行会社 BookIt は、統合的なテクノロジー スタックの活用により、訪問者を旅行の目的地ごとにセグメント化し、それぞれに対して専用の広告クリエイティブでアプローチすることができました。

アナリティクス 360 ソリューション ガイドでは、上記をはじめとするさまざまな企業の事例を通して、アナリティクス 360 を使った広告データと解析データの統合についてご紹介しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

投稿トピック:

· Google マーケティング プラットフォーム

· プライバシー

· 利用規約



メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]