Google ショッピングのクリックシェアで年末年始のトラフィックを拡大 | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2015年12月7日(月) 08:30
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Google ショッピングのクリックシェアで年末年始のトラフィックを拡大」 からご覧ください。
Posted by Dimitris Meretakis - Google ショッピング プロダクト マネージャー

年末年始にオンライン ショッピングに目を向けるユーザーは年々増えています。この時期は、オンライン ショップに買い物客を呼び込むチャンスといえます。

Google はこのほど、ショップの皆様がトラフィックを十分に獲得できているかを確認できるクリックシェアの提供を開始いたします。クリックシェアとは、「ショッピング広告で発生する可能性があった全クリック数」に対する「実際のクリック数」の割合を示す新しい指標です。


クリックシェアの利用方法
クリックシェアを活用すると、トラフィックを伸ばす余地がある商品グループを見極めることができます。必要に応じて広告を目立たせ、年末商戦期のサイトのトラフィックを最大限に増やしましょう。

まず、[商品グループ] タブに [クリックシェア] 列を追加します。この例では、「winter coats」のクリックシェアは 30% となっています。これは、「winter coats」の広告に対してクリックを獲得できるチャンスが 100 回あった内、実際にクリックを獲得できた回数は 30 回であったという意味です。この情報を基に「winter coats」の入札単価を調整して、広告がより多くの人の目に触れるようにしましょう。また、特に人気が高い商品については頻繁にチェックし、こまめに入札単価を見直します。


商品グループのクリックシェア指標


チェックリスト
トラフィックを増加させるだけでなく、キャンペーンを微調整して新たなユーザーにアプローチすることも、年末商戦期の売り上げ増加につながります。Google では、この時期に備えるための 2 つのチェックリストをご用意しました。年末年始のシーズンにぜひお役立てください。


このチェックリストやクリックシェアのデータを活用し、ぜひ良い年末、そしてお正月をお迎えください。
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]