クルーズがCtoCのフリマアプリ市場に参入、ファッションECなどとの相乗効果を狙う | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2014年11月11日(火) 07:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「クルーズがCtoCのフリマアプリ市場に参入、ファッションECなどとの相乗効果を狙う | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
ブランド品やファッションアイテム、電化製品、日用品、小物、雑貨などオールジャンルの商品を取り扱う

アパレルECサイト「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営するクルーズは、CtoCのフリマアプリ市場に参入する。このほどAndroid版のフリマアプリ「Dealing(ディーリング)」のをリリース。iOS版もプラットフォームによる審査完了後、提供を始める。「SHOPLIST」ユーザーが使わなくなったアパレルを消費者同士で販売できる環境を整える。

「ディーリング」はブランド品やファッションアイテム、電化製品、日用品、小物、雑貨などオールジャンルの商品を取り扱う。「使わなくなった物を売りたい」「欲しかった物をお得に買いたい」「一点物の掘り出し物を見つけたい」などのユーザーニーズに応える。

クルーズはファストファッションブランドの「SHOPLIST」、バッグや時計、靴などを販売する「Reward」を運営。2014年3月期のEC売上高は、前の期比167.4%増の64億8900万円だった。中心顧客は20歳代女性が中心。

CtoCのフリマアプリ「Dealing(ディーリング)」

クルーズが提供するCtoCのフリマアプリ「Dealing(ディーリング)」

クルーズは消費者が「SHOPLIST」「Reward」で商品を購入した後、使わなくなったものを「ディーリング」で販売できるようにする。消費者同士で販売し、貯まったお金を再度、「SHOPLIST」などで使ってもらうという購入サイクル作りを急ぐ。

ユーザーがクルーズのサービス内で行き来できる環境を作り、商品の販売機会を増大。コマースの事業規模拡大につなげる。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:クルーズがCtoCのフリマアプリ市場に参入、ファッションECなどとの相乗効果を狙う | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

関連リンク: 
瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

ニュース分類: 
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]