HTML と CSS のコーディングガイドライン | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「HTML と CSS のコーディングガイドライン」 からご覧ください。
優れたコードは効果的で、効率的で、保守性に優れ、洗練されているものです。時には会社すらまたがるような大勢の開発者間やチーム間でコーディングを進める場合、コードには一貫性があり、理解しやすいものでなければなりません。それを実現するために、スタイルガイドがあります。Google では様々な言語のスタイルガイドを使用していますが、その中で Google が最近公開したものが、Google HTML/CSS Style Guide(英語)です。

この HTML & CSS Style Guide は、Google の他のスタイルガイド と同様に、インデントのようなフォーマットのルールに関するガイドから、さらに進んで開発者はコードをこう書くべしという現実的なベストプラクティスが記述されています。スタイルガイドを書く側からすると、現実的なコードの書き方を基軸にするか、理想的なスタイルを基軸にするかのどちらがいいか、というところがスタートポイントになることが多いのですが、Google の HTML/CSS Style Guide はその両方を満たすように書いています。

この最新版のスタイルガイドを今回みなさんにご紹介しますので、ぜひご活用いただければと思います。将来的にはその設計思想やアップデートについてもお知らせしたいと思います。

この記事に関するコメントやご意見・ご感想は、ウェブマスター ヘルプフォーラム までお寄せください。

Written by Jens O. Meiert, Senior Web Architect, Google Webmaster Team
Original version: Coding guidelines for HTML and CSS

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]