AdWords Editor 更新のお知らせ (AdWords Editor 8.0.1 - Windows、Mac 対応) | Inside AdWords Blog-Japan

Inside AdWords Blog-Japan - 2010年10月4日(月) 08:01
このページは、外部サイト Inside AdWords Blog-Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「AdWords Editor 更新のお知らせ (AdWords Editor 8.0.1 - Windows、Mac 対応)」 からご覧ください。
Posted by Inside AdWords チーム

このたび、新機能を追加した AdWords Editor の新しいバージョンをリリースすることになりましたので、お知らせいたします。

新バージョンがご利用可能になり次第、ダウンロード メッセージが表示されます。バージョン 8.0.1 のご提供は数週間にわたって段階的に進めてまいりますので、メッセージが表示されない場合はしばらくお待ちください。

新しいバージョンでは、住所指定オプションがサポートされます。住所指定オプションはローカル広告の掲載に役立つ新機能で、この機能のリリースに伴い AdWords アカウントのローカル ビジネス広告を住所指定オプション対応の広告に移行しました。これを受けて、AdWords Editor の管理画面に [設定オプション] タブを追加し、[ローカル ビジネス広告] タブを削除しました。この [設定オプション] タブで、住所指定オプションを作成し、管理できるようになります。詳細

また、AdWords アカウントを効率的に管理するための機能として、折りたたみ式のパネル、タスク処理の進行状況表示、クライアント センター アカウントの追加機能、適用免除リクエストの簡易化、詳しいエラー メッセージなどを追加しました。

他にも、目標コンバージョン単価や拡張 CPC のサポートなど、バージョン 8.0.1 の新機能について詳しくは、リリース ノートをご覧ください。

AdWords Editor をご使用の場合は、アップグレード メッセージが自動的に表示されます。なお、新バージョンをインストールした後は、アカウントを再度ダウンロードしていただく必要があります。コメントや未送信の変更が失われないようにするには、アップグレード メッセージで [バックアップしてから更新] をクリックし、アカウントをダウンロードした後、バックアップ ファイルをインポートしてください。

AdWords Editor をご使用でない場合は、こちらからダウンロードしていただけます。AdWords Editor の詳細とご質問の回答については、ヘルプセンターをご覧ください。
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]