ブロゴスフィアの現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック | SEO Japan

SEO Japan - 2010年10月14日(木) 13:02
このページは、外部サイト SEO Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ブロゴスフィアの現状が一枚の絵でわかるインフォグラフィック」 からご覧ください。
さてさて、新たなインフォグラフィックを作成したので紹介します。今回はブロゴスフィア、つまりブログやブログを取り巻くユーザーや環境を一枚の絵に落としてみました。ツイッターやソーシャルゲーム、グル―ポンも良いですが、たまにはブログ界の状況も再確認してみませんか? — SEO Japan これまでGoogleやツイッター、グル―ポンにフェイスブック、ジンガなどのインフォグラフィックを作成してきましたが、今回はあえて旬なネタでは無く基本に立ち戻ってブロゴスフィアのインフォグラフィックにチャレンジしてみました。グローバルベースのデータを元にしていますが日本のデータも少し入れています。順位の正当性はデータの取得方法に左右されますし人によって意見が違うと思いますが、独自ブログのランキングでテククランチ、ギズモード、エンガジェットが日米共にトップ10入りしているのは凄いやら悲しいやら。 さて今回のインフォグラフィックはデザインも内容も比較的シンプルにしてみました(作り込んでいないだけとも言いますが)。なんだかんだいってもブログは完全に一般普及した巨大ウェブメディア。たまにはブログの世界を客観視してみるのもよいのでは?Please enjoy! [画像をクリックすると少し大きめの画像が表示されます] 註:最後の「ブロガーの収入」部分は、米国テクノラティのState of the Blogosphere 2009のアンケート結果を元にしています。サンプル数が限られているデータなので参考程度にご覧ください(プロブロガーの広告収入が突出していますが、米国とはいえ少し多すぎるような気がしてます・・・)。 本当は日本の状況ももっと盛り込めれば良かったのですがリサーチ不足で恐縮です。世界全体の動きを知るという程度でお願いします。とはいえ、使用言語、日本語が1位なのは嬉しいですね。 しかしこうしてみると、ブログの数では世界No.1の日本ですが、独自ドメインを取得して独自メディアとして確立されているブログがどれだけあるかというと、日本はまだまだ既存のマスメディア配下のニュースサイトと比較できるような有力ブログは少ないですよね。米国はネット発の有力ブロガーが集まって既存マスメディアのサイト以上に影響力を持っているブログが上記のトップ10にもあるように数多くあるのですが。 日本はランキングを見てもエンタメ中心ですよね。。。日本のジャーナリズムの基盤の弱さなのか、ブログの使われ方の違いなのかは分かりませんが(正直前者の気もしていますが、余りいうと怒られそうなので黙っておきます)、ツイッターやSNSだけじゃなくブログの世界もまだまだ現在進行形で進化中なのは間違いなさそうです! — SEO Japan
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]