Facebook広告ポリシーを徹底解説。審査落ちになった場合の対処手順まとめ

今回の記事は、Facebook 広告ポリシーの概要とどのような広告が審査落ちするのか、また、審査落ちしてしまった際の対処法をご紹介します。他媒体とは違うポリシーが定められていたり、商材によってはそもそも Facebook 広告では配信できないものもあるので、配信を検討する際は要注意です!記事を参考にしっかりと確認して、配信準備をおこなっていきましょう。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google や Yahoo! と同様に Facebook 広告にも配信に際してのポリシーがあり、どのような広告の配信が認められるかが定められています。

配信しようとした広告が Facebook 広告のポリシーに違反していると判断されるとその広告は「不承認」となり、審査落ちしてしまいます。他媒体とは異なり、Facebook 広告の種類(配信メニュー)ごとの独自のポリシーもあります。

今回は Facebook 広告ポリシーの概要と、どのような広告が審査落ちするのか、実際に審査落ちしてしまった際の対処法をご紹介します。記事内で Facebook 広告のポリシーについて公式ヘルプページをもとに詳細をわかりやすくまとめました。

ちなみに Instagram で広告を配信する場合も、Facebook 広告と同じ審査基準で広告配信をします。記事内の「Facebook 広告」で紹介する審査基準や注意点は Instagram 広告も含むものとします。

Facebook 広告の審査とは

Facebook 広告の管理画面から広告を作成し、公開ボタンを押すと Facebook の広告ポリシーに即しているかの審査が自動的に開始されます。

この審査で、Facebook 広告のポリシーに反していると判断されると広告が却下されます。ポリシー違反の判定がいわゆる審査落ちということです。却下された広告(=審査落ちした広告)は配信することができません。

Facebook 広告マネージャ:却下された広告

ほとんどの場合、広告を公開してから24時間以内に審査が完了しますが、場合によってはさらに時間がかかることもあります。

審査の対象は以下のとおりです。広告文だけが審査の対象ではないため、それに連動するランディングページや広告の配置にも注意するようにしましょう。

  • 広告の画像
  • テキスト
  • ターゲット設定
  • 広告の配置
  • 広告のランディングページのコンテンツ

ポリシー違反と判断されると広告配信ができない

審査の結果、ポリシーに違反していると判断されるとその広告は配信されません。ポリシー違反と判断されても、該当すると思われる箇所を修正して再審査をおこない、問題がなければ配信できるようになります。

基本的にはポリシー違反箇所を修正して、再審査をおこなえば問題なく配信ができる場合がほとんどです。

ただしポリシー違反の内容次第では、Facebook ページや広告アカウントに対して下記のような処罰がなされる可能性があると記載されています。

  • 関連する Facebook ページの停止
  • 既存の広告の停止
  • 新たに広告を掲載する機能の制限
  • Facebook ページを統合する機能の制限
  • 意見広告、選挙広告または政治広告を掲載するための認証の撤回

念のため広告のポリシーについては、あらかじめ大枠を理解しておくといいでしょう。

Facebook 広告のポリシー概要

Facebook 広告のポリシーでは、主に「禁止されているコンテンツ」と「制限コンテンツ」の2つが定められています。

「禁止されているコンテンツ」とは、これに該当する広告すべての配信が禁止されており広告配信することができません。

一方「制限コンテンツ」とは、配信可能な条件に制限があり、その制限をクリアしている広告のみが配信可能となります。

また、広告内に Facebook または Instagram のロゴなどを使用する場合は、ブランドガイドラインに沿った範囲で使用が許可されています。

この他に別途、動画広告に関してのポリシーやリード獲得広告のポリシーのように、広告の種類によるポリシーも定められています。

ここからは禁止されているコンテンツ、制限コンテンツ、各広告の種類によってのポリシーを紹介いたします。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]