【デジマチェーン解説】広告効果測定ツールとは?ネット広告・TVCM・OOHの運用におすすめ10選徹底比較!

「 Web広告を一括で管理できるツールはないの?」複数の広告を運用すると「どの広告が成果を出したか」「どの広告を改善すればよいか」がわかりにくくなりますよね?そんな時におすすめなのが「広告効果測定ツール」!国内企業のデジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが独自で調査したおすすめ広告効果測定ツールをご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「 Web広告を一括で管理できるツールはないの?」

「出稿広告が多すぎて、データ集計が大変…」
「広告の運用や管理にかかる時間的・人員的コストを削減したい」 

運用している広告の種類が多いほどコンバージョン導線が複雑になり、「どの広告が成果を出したか」「どの広告を改善すればよいか」がわかりにくくなっていきます。

そんな時におすすめなのが「広告効果測定ツール」です。

「広告効果測定ツール」は複数の広告をまとめて管理・効果を測定・可視化しマーケティングに活かせるので、時間的・人員的なコストの削減につながりますし、今どこにコストを割けば売上に直結するかを教えてくれます。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、広告効果測定ツールの基本とともに、独自に調査したおすすめ広告効果測定ツールをご紹介します。

この記事で紹介するおすすめツールの中から、自社の予算にマッチした業者を選んで無料問い合わせしてみましょう。

>>>>全文記事はこちら!<<<<

1.広告効果測定ツールとは?

広告効果測定ツールとは、Web広告、バナー広告、リスティング広告など、自社が運用する全ての広告の成果や費用対効果を一括で測定、可視化し評価できるツールです。

以前までは、自社で人員を投入し広告の効果を集計・分析しPDCAサイクルを回す会社も多かったのですが、近年はデータを分析できる人材が不足しているようです。

実際、広告効果測定ツールを提供する株式会社サイカで独自に行われた「広告効果測定でデータ分析を実施している広告宣伝担当者に対するアンケート」では、「広告効果の分析に取り組む上での問題点」として「人手が足りない」という答えが52.4%で1位となりました。

その点、広告効果測定ツールを利用すれば、より効率的な広告管理・運用ができるでしょう。

広告効果測定とアクセス解析の違いは?

広告効果測定ツールは「集客」に特化しており、広告ごとのコンバージョン率が一目でわかるだけでなく、「広告で顧客1人を獲得するために金額をいくら投じたのか」を可視化できます。

「アクセス解析」も「広告効果測定」も、「施策に効果があったのか?」を判定するために活用できる手法ですが、下記の違いがあります。

アクセス解析ツールは、サイト内の以下の状況を可視化できるツールです。

  • サイトにアクセスしたユーザーの動向
  • ユーザーがどこから来たのか
  • どのページを見たのか
  • ページのコンバージョン率

それで、アクセス解析は、「集客特化」ではなくサイト全体の状況を見るのに向いているツールと言えるでしょう。

また、アクセス解析が広告のプラットフォームごとに分別されるのに対し、広告効果測定ツールはプラットフォームを横断して自社全体の広告投資状況を観測できます。

広告効果測定ツールのメリット・デメリットは?

広告効果測定ツールには以下のメリットがあります。

  • 複数の広告を一括で管理できるので時間コストの削減になる
  • アクセス解析よりも「集客」に特化し詳細な測定ができる
  • PDCAサイクルを素早く回せる

また、デメリットは以下のとおりです。

  • 導入に金銭的コストがかかる
  • 集客方法がシンプルな場合、コスト以上の成果が見込めない場合もある

多数の広告媒体 を抱えている企業の場合は、複数の画面を開いて成果を確認しなければならず、時間的にもコストがかかってしまう場合もあります。

そのため、広告効果測定ツールは、多数の媒体を利用した広告出稿のため、 複雑な Webマーケティング施策が求められる 企業が導入すべきツールです。

もし、広告の予算や種類が少ないなど複雑でない場合は、アクセス解析でシンプルに管理できる場合もあるので、自社の運営状況にあわせてうまく活用することが重要です。

2.ネット広告効果測定ツールおすすめ4選

デジマチェーンがおすすめする、ネット広告効果測定ツール一覧は以下です。

>>>>全文記事はこちら!<<<<

3.TVCM広告効果測定ツールおすすめ4選

デジマチェーンがおすすめする、TVCM広告効果測定ツール一覧は以下です。

>>>>全文記事はこちら!<<<<

4.屋外広告効果測定ツールおすすめ2選

屋外広告は「OOH広告」とも呼ばれ、以下のような広告も含みます。

  • 屋外広告
  • 街頭のサンプリング
  • イベント
  • ラッピングカー など

デジマチェーンがおすすめする、屋外広告効果測定ツール一覧は以下です。

>>>>全文記事はこちら!<<<<

5.広告効果測定ツールを導入する際に注意する4ポイントは?

広告効果測定ツールを導入するために社内で検討する際に注意するポイントは以下の4点です。

  1. どんな広告効果を測定したいか
  2. 現場での使いやすさ
  3. 見込まれる成果に見合ったコスト
  4. サポート体制の充実度

それぞれのポイントについて説明します。

どんな広告効果を測定したいか

ひとくちに「広告効果測定」と言っても…

、ツールによって機能はさまざまです。

たとえば、「オンライン広告とオフライン広告」を両方計測できるツールもあれば「オンライン広告のみ対応」しているツールも存在します。

また、成約率を測定するのか、認知度を測定するのかによっても、導入するべきツールの種類・仕様は変わってきます。

自社で測定したい項目が測定可能かどうかを、事前にしっかりチェックすることが重要です。

現場での使いやすさ

せっかく実際にツールを導入しても、実際の現場で使いこなせなければ意味がありません。

導入前にツールのデモ画面などを確認し、現場で使えるかどうかをチェックすることが重要です。

ツールの中には「無料体験期間」が設けられているものもあるため、無料体験期間を利用して実際に使ってみるのもいいでしょう。

デモ画面や無料体験期間を利用して現場での使いやすさを見極める際は、以下の項目に注意してください。

  • ツール画面のシンプルさ・操作性
  • 情報の見やすさ
  • レポート出力機能が必要十分さ

見込まれる成果に見合ったコスト

広告効果測定ツールの価格は、ツールによって大きながあります。

高機能で値段も高いツールを導入したとしても、実際に広告の成果が改善されなければコストが無駄にかかってしまうだけで意味がありません。

また、元々広告費用を月20万円しかかけていないカテゴリーの広告効果を測定するために、月5万の広告測定ツールを活用するよりは、広告費用に資本を投じて、勝ちパターンを収集するほうが効果的かもしれません。

ツールを導入する際には、「費用に見合った成果が期待できるか」をしっかり見極める必要があります。その手段のひとつとして、「企業の導入事例をチェックする」方法があります。

「導入事例」では実際にツールを導入した企業がどのような成果改善に成功したかを確認できるため、自社の取り組みに近い企業の成功事例などがあれば参考になるでしょう。

サポート体制の充実度

バナー広告、ディスプレイ広告、リスティング広告など今やWeb広告には多様な種類が存在し、これからも増えていくことが予想されます。

目まぐるしく変化を続けるWeb広告にあわせて、「広告効果測定ツール」も常に変化する必要があります。

それで「変化に柔軟に対応できるツールであるかどうか」、「しっかりしたサポート体制が整っているか」が重要になってきます。

導入の際は、上記の点をしっかりとチェックし、上手に活用すれば、広告の成果改善へと確実に繋がるでしょう。

最近ではAIを用いた広告効果測定ツールも普及しており、より効率的な広告運用ができるようになっています。

この記事でご紹介したツールの中から自社のニーズに合ったツールを見つけたら、ぜひ気軽に問い合わせ・見積もりをしてみてください。

>>>>全文記事はこちら!<<<<

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]