ビューアブルインプレッションとは?各媒体の定義を正しく理解し、分析と改善提案に活用しよう

Google・Yahoo! ディスプレイ広告のビューアブルインプレッションについて解説しました。ディスプレイ広告の表示回数に関する指標のことで、ユーザーの見える範囲に表示されたインプレッションを意味します。見えない部分に広告が表示された場合でもカウントされてしまう通常のインプレッションよりも、実際の表示回数に近い指標になります。改善施策を考える際にお役立ていただけますので、ぜひご一読ください!

ビューアブルインプレッションという指標をご存知でしょうか?

耳にする機会はあまりない単語ですが、Yahoo! ディスプレイ広告のリニューアルで、フリークエンシーキャップがビューアブルインプレッションベースになったという話で、この単語を目にした人もいるかもしれません。

ビューアブルインプレッションについて知っておくと、分析方法や提案の幅が広がるので、この機会に理解しておきましょう。

今回は、主に Google ディスプレイ広告・Yahoo! ディスプレイ広告のビューアブルインプレッションについて解説します。

ビューアブルインプレッションとは

ビューアブルインプレッションとは、ディスプレイ広告の表示回数に関する指標で、ユーザーの目に見える範囲に表示されたインプレッションを意味します

管理画面上では、Google は「視認範囲の表示回数」、Yahoo! は「ビューアブルインプレッション数」という名前になっています。

ビューアブルインプレッションが登場した背景

従来、アドネットワークや DSP では、表示回数1,000回ごとに広告費を支払うインプレッション課金(CPM課金)という課金方式が主流でした。

しかし、インプレッションに対しての課金では、ユーザーが目にしていないインプレッションに対しても広告費を払うという効率の悪さや、不正にインプレッション数を増やして広告費を水増しする不正などが問題になっていました。

このことが広告主の不満になり、これに対応するためにビューアブルインプレッションという指標と、それを基準のとしたビューアブルインプレッション課金(vCPM課金)が登場しました。

ビューアブルインプレッションの定義

ビューアブルインプレッションがカウントされる条件は細かく定義されています。媒体や広告タイプによって少し異なるので、しっかり理解しておきましょう。

Google

  • 静止画の場合、広告面積の50%以上が画面に連続で1秒以上表示されたとき
  • 動画の場合、広告面積の50%以上が表示され、2秒以上の継続再生があったとき

Yahoo!

  • 静止画も動画も、広告面積の50%以上が画面に連続で1秒以上表示されたとき

インプレッションとの違い

Google ディスプレイ広告の「表示回数」、Yahoo! ディスプレイ広告の「インプレッション」は、ユーザーから見えない部分に広告が表示された場合でも1回としてカウントされます。

つまり、ビューアブルインプレッションのほうが、よりユーザーに見られた回数に近い指標といえます。

以下の図を例に説明すると、広告面積が50%以上表示されている広告は「広告1」しかないので、ビューアブルインプレッションは1回になります。

インプレッションは広告面積が50%以上表示されていなくてもカウントされるので、3回となります。

Facebookはインプレッション=ビューアブルインプレッション

Facebook 広告の管理画面の「インプレッション」の指標は、Google・Yahoo! のビューアブルインプレッションと同義となっています。

視認範囲外の表示を含んだインプレッションをカウントできる指標はありません。また、ビューアブルインプレッションがカウントされる条件は公開されていませんでした。

管理画面の指標と確認方法

ここからは、ビューアブルインプレッションに関連する指標の解説と、管理画面上でデータを確認する方法を説明します。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]