【リスティング広告】デジマチェーンが解説!費用対効果を上げる8つの方法完全ガイド

リスティング広告の費用を抑える8つの方法を紹介します。リスティング広告をうまく活用して高い費用対効果で売上アップにつなげてください。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

この記事の監修:広告代理店支援のデジマチェーン

デジマチェーンは日本初のネット広告支援プラットフォームを運営しています。

以下の方にネット広告を活用した収益化支援をサポートしております。

  • 広告主
  • 紙媒体を取り扱う広告代理店
  • 印刷会社
  • Web制作会社
  • SEO会社
  • 経営コンサルティング会社
  • フリーランスの方
社名デジマチェーン株式会社
URLデジマチェーン公式サイト
会社概要デジマチェーン会社情報

「リスティング広告を始めたいが費用がかさむのが怖い」
「予算を有効活用しながら最大効果を出す方法は?」
「外注している広告代理店の請求額をチェックしたい」

実はリスティング広告は少額からでも始められ、うまく活用できれば高い費用対効果の期待できる広告手法です。

しかし、多くの方が(プロと自称する一部の広告代理店も含めて)、予算の消化と節約だけを考えて肝心の広告効果が望めない方法に突き進んでいる姿を目にします。

インターネット広告代理店を支援するデジマチェーンが、リスティング広告の費用をおさえる8つの方法について解説します。

この記事を読んでリスティング広告の費用について正しく理解すれば、自社製品・サービスの売上アップが期待できます。委託しているリスティング広告運用業者が出してくる請求書の中身も分かるようになるでしょう。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

1.リスティング広告の費用対効果を向上させる8つの方法

リスティング広告の費用を低く抑えるために実施すべき方法を以下の8点に分けて説明します。

  1. キーワードごとの予算配分を調整する
  2. キーワードの除外設定を行う
  3. 広告のターゲットや配信先を限定する
  4. ロングテールキーワードをねらう
  5. 広告の品質スコアを向上させる
  6. 広告文を強化する
  7. ランディングページ(LP)を強化する
  8. リマーケティングを活用する

それぞれの方法を説明します。

キーワードごとの予算配分を調整する

キーワードごとの予算配分を調整することは大変重要です。

リスティング広告を配信してそのデータを分析すると、結果の良いキーワードと結果の出ないキーワードが見えてきます。

結果の良いキーワードには予算を多めに配分しましょう。

結果の出ないキーワードは、配分を減らしたり出稿を中止したりといった調整を行います。

調整をこまめに行うことにより、全体の広告予算を変えることなくコンバージョン率を高めることが期待できます。

キーワードの除外設定を行う

除外キーワードを設定することにより、指定したキーワードでユーザーが検索した際には、広告が表示されないようにすることができます。

購入につながる見込みのないユーザーがクリックしても、無駄に広告費が発生してしまうだけだからです。

例えば、女性用シャンプーの広告を配信するとします。

髪を洗うシャンプーなので、「車」は除外キーワードに設定するべきでしょう。

そうすれば、「シャンプー」でも洗車用のシャンプーを探しているユーザーには広告が表示されません。

女性用シャンプーを求めていないユーザーによる、誤った広告クリックを避けられます。

他にも、例えば家事代行サービスの利用者を集めるために広告を出すとしましょう。

サービス利用者を探す場合には、以下のようなキーワードを検索しているユーザーはターゲットになりにくいでしょう。

  • 家事代行サービス 起業
  • 家事代行サービス 求人
  • 家事代行サービス 年収

このようなキーワードを除外しておきましょう。

除外設定によって、より顧客となりやすいユーザーに対してのみ広告が配信されやすくなります。

結果として無駄な広告費用を抑えることができます。

関連キーワードを検索するツールを使用し、どんなユーザーがどんなキーワードで検索してるのか調べると、何を除外キーワードにしたらいいか分かるでしょう。

ターゲットや配信先を限定する

リスティング広告では、配信地域時間帯をしぼり込むことができます。

獲得見込みのない地域や時間帯に広告が配信されないように設定しておきましょう。

配信地域や時間帯をしぼり込むことで、売り上げにつながらないユーザーからのクリックを減らすことができ、広告費がおさえられるというわけです。

まず広告を配信したいユーザー層を明確にし、その層に合ったターゲット層や配信先を限定しましょう。

リスティング広告のターゲットや配信先は例えば以下のような項目で細かく限定することが可能です。

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

まとめ

リスティング広告は少額からでも始めることができ、うまく活用することで高い費用対効果が望めます。

ぜひこの記事を読んでリスティング広告を導入・活用し、自社製品・サービスの売上アップにつなげてください!

>>>>カットなしの全解説記事はこちらの元記事をごらんください!<<<<

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]