【上級者向け】ショッピング広告でキーワード入札調整をする方法

今回の記事では、ショッピング広告でキーワード入札調整をおこなう方法と注意点、改善したいときに見直したいポイントを詳しく説明します。ショッピング広告では、原則キーワードごとの入札調整はできません。しかし、アカウントやキャンペーン構造の工夫次第で、キーワードの入札をある程度調整することが可能です!Googleが推奨している構造ではなく設定も複雑なため、デメリットを理解して慎重にご検討ください!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ショッピング広告を利用する企業が増え続けるなかで、前までは成果が出ていたのに近頃下降気味であったり、始めてみたけど思うように購入に繋がらなかったり、といったことでお悩みをの方も多いのではないでしょうか。

今回はショッピング広告でキーワード入札調整をおこなう方法と注意点、改善したいときに見直したいポイントを詳しく説明します。

キャンペーン構造を複雑にするため、Google の推奨の形ではありませんが、その点を留意して挑戦してみてください。

なお、ショッピング広告の基本についてはこちらの記事で解説をしています。

Googleショッピング広告とは?成功事例とフィード作成方法&運用で守りたい4つのポイント

ショッピング広告では、原則キーワードごとの入札調整はできない。

ショッピング広告ではキーワードごとの入札調整を手動でおこなうことはできません。予算が少ない場合、これがパフォーマンスの良化に繋がらない要因になっている可能性があります。

しかしアカウントやキャンペーン構造を工夫次第で、キーワードの入札をある程度調整することができます。

クリック課金制のため、クリックされページ遷移がされなければ費用は発生しませんが、表示がされれば誤ってクリックされる可能性もあります。

効率化を考えるのであれば、なるべく確度の高いキーワードでは高い掲載順位で、確度の低いキーワードでは掲載順位を抑えて配信をおこないたいですよね。

ここからは、キーワードによって確度を仮説し、意図的に入札調整をおこなう設定や運用方、仕組みを紹介します。

ショッピング広告でキーワード入札調整をおこなう方法

ショッピング広告でキーワード入札調整をおこなうには、キャンペーンの構造を工夫する必要があります。

今回おこないたいことは「購入確度が高いキーワードの入札価格を上げること」「購入確度の低いキーワードの入札価格を下げること」です。こちらが大前提になるので、しっかりおさえておきましょう。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]