2020年度版「Web制作会社の見分け方」

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

吉政忠志氏のコラムが公開されました。
長年経験してきた経験に基づく「Web制作会社の見分け方」をご紹介いただきました。
興味がある方はご覧ください。
--
こんにちは。吉政創成の吉政でございます。この数年は当社でもWeb制作を行って言いますが、それまでの数年はWeb制作会社が作成したWebを活用してWebマーケティングをしていました。そんなこともあり、Web制作会社のことをそれなりに理解しています。

今回は2020年度版ということで、SEOの状況もかなり変わってきたので、2020年の5月時点の状況を踏まえて説明したいと思います。細かい話をすればいろいろあるとは思いますが、特にここを見てほしいというのを紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

一番大きなチェックポイントはWeb制作会社の自社Webです。Web制作の成果はディレクターやそのメンバーに依存するのですが、途中で変わってしあむこともあるので、Web制作会社のサイトをチェックした方が比較的ぶれない判断ができると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3832

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]