【無料ホワイトペーパー】「どれを選べば良いの?」とお悩みの方へ! サブスク型サービスに適した決済手段とは?業種・業態別ケーススタディ 

本資料では、サブスク型サービスを提供する場合、どのような決済手段を利用できる決済代行サービスを導入するべきなのか、業種・業態別のケーススタディを資料としてまとめました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

このところ、デジタルコンテンツのみならず、教育や飲食、ファッションといったより幅広い業種でサブスクリプション型サービス(以下、サブスク型サービス)が登場しています。これらサブスク型サービスの顧客獲得において、1つのカギとなっているのが決済手段です。今日では、クレジットカード決済やキャリア決済、ID決済など、非常に多くの決済手段が存在します。そして、これらのなかから自社サービスの特性や顧客層に合った決済手段を導入することが重要です。

本資料では、サブスク型サービスを提供する場合、どのような決済手段を利用できる決済代行サービスを導入するべきなのか、業種・業態別に解説しております。

今回は、そのレポートの一部をご紹介します。

サブスク型サービスで導⼊されている主な決済⼿段

クレジットカードはもちろん、多様化する決済⼿段への対応が課題に

すでに登場しているサブスク型サービスは、多くの場合インターネット上で申込や決済を⾏うことができることから、キャッシュレス決済と馴染みやすいサービスと⾔えます。 そして決済⼿段が多様化した今⽇においても、いまだ主要なキャッシュレス決済⼿段はクレジットカード決済です。

→続きの無料ダウンロードはこちら

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]