ABテストの決定版! webサイトのPDCAを回す5つのツール

Webにかかわる方ならABテストについて聞いたことはあるでしょう。今回はABテストの基本的な理解から効率的に行う5つのツールを紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ABテストとは何か?

「ABテスト」とは、「A」と「B」の2つのパターンを比較し、のどちらが優れているかを知るテスト形式です。実際には3種類以上を同時にテストすることも少なくありません。

Webマーケティングにおいて、ABテストは非常に大きなテーマです。
ウェブ上のコンテンツ・施策であればABテスト自体のコストもほとんどかからず、データ収集も容易です。

WebマーケティングにおけるABテストは、小さなものではウェブサイト内に設置されたボタンの色をテストしてみたり、コンテンツの配置を入れ替えてテストしてみたりといったものから、大きなものであればウェブサイト全体のデザインを丸ごと変えたものをテストしてみたりと、様々なABテストが行われます。

ABテストの有名な事例

WebマーケティングでのABテストのわかりやすい成功事例として、Googleの検索画面で行われたABテストが挙げられます。
現在のGoogleの検索画面のテキストは青色で表示されていますが、これは過去にGoogleが無数のABテストを繰り返した結果、最もクリック率が高かったのがこの青色だったから、と言われています。テキストの色一つ決めるのにも、ABテストを行うことが重要になってくるというわけです。

ちなみにGoogleやFacebookなど大規模なサービスは、常に無数のバージョンが同時に公開されていて、テストが行われているようです。友達のFacebookと自分のFacebookを見比べると、少し違う部分が見つかるかもしれません。こうしたテストを繰り返すことで、少しずつ改善され、より良いサービスになっていきます。

今回はこうしたABテストの基礎から、実際にABテストを行うためのツールまでを紹介します。

ABテストを行うのにおすすめのツール5選

  • ABテストおすすめツール①:Googleオプティマイズ
  • ABテストおすすめツール②:SiTest(サイテスト)
  • ABテストおすすめツール③:Gyro-n ABテスト
  • ABテストおすすめツール④:VWO(ビジュアルウェブサイトオプティマイザー)
  • ABテストおすすめツール⑤:KAIZEN Platform(カイゼンプラットフォーム)

全文はWebマーケティングメディア「Grab」をご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]